驚きの初体験や寝取られ、セフレとの不倫・浮気話、禁断の近親相姦体験など、エッチな体験談をジャンル別にまとめて公開しています。

    1: マジレスさん 2021/01/01(金) 16:45:23.27 ID:HngqmTKy
    姉とヤりたい
    従姉妹とヤりたい
    姪っ子とヤりたい
    叔母さんとヤりたい
     
    もうめちゃくちゃだ…
    誰か助けて…

    【女にモテなさすぎて近親相姦で興奮するようになってしまった】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2021/04/28(水) 00:52:18.75 ID:1gGQNJEM0
    私も子供の頃、兄と近親相姦の関係でした。今から30年弱前の話です。9歳くらいから3歳年上の兄に、性器をいたずらされるようになりました。親にはナイショの行為で、兄と仲が良かったこともあり、何をやってるのか判らないまでも苦痛ではないので、その状況を楽しんでいました。
    兄はクリトリスの包皮を摘んだり弾いたり、マンコをベチャベチャと舐めたりしていました。まだ、その頃は気持ちいいとかそういう感じはありません。
    好きな兄が喜んでやっていたので、私もそれを受け入れていました。
    ただ膣に指を入れようとしてきたのですが、さすがに痛くて、それは止めてもらっていました。
    そんな関係がしばらく続き、10歳くらいになったころでしょうか、膣に指を入れられても痛い感じがなくなり、兄は舐めることよりも、クリトリス包皮全体をこねたり、膣に奥まで指を入れて出し入れしたりすることが増えました。

    【【近親相姦】小4の頃から兄の手マンでイカされてました】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/09(水) 23:21:58.045 ID:zFUtdX/J0
    くそがよー

    【彼女が昔、職場旅行で乱交したらしい】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/17(木) 21:46:58.047 ID:P3bRSGqy0
    女やけど

    【乱交経験何回かあるけど、質問ある?】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/01/02(土) 12:50:10.881 ID:71lGwbaR0
    同僚に寝取られた女の子を寝とった時の体験談

    【【体験談】同僚に寝取られた女性を取り返したンゴwww】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/05/30(日) 12:25:02.394 ID:aXLNAwNL0
    大蜘蛛ちゃんフラッシュバックとか八神くんの家庭の事情みたいなやつ

    【近親相姦・近親恋愛描写がある一般漫画教えて】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/06/01(月) 17:46:28.27 ID:7IrW0khS0

    【【動画】陽キャの乱交がすごすぎる件…】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2021/06/04(金) 05:48:15.84 ID:vBYdtHcr0
    もうお風呂にも入り、部屋でまったりくつろいでいる。

    眠くなってきたし寝ようかなと、
    ベッドに横たわると、歯磨きをしてない事を思い出す。

    面倒くさいと思いながらも、
    起き上がり、階段を下りて洗面所に向う。

    洗面所につきドアをガランと開けると、
    兄の雄輔が妹のパンツを嗅いでる。

    「おにいっちゃん、何してるのよぉ」

    雄介は驚き戸惑うも、

    「これは、つまりだなぁ、健康管理だよ!可愛い妹の陽子が
    ちゃんと元気に育って元気にしているかなぁーって、
    パンツ嗅いで調べているんだよぉ!」

    「そんなのに騙されるはずないでしょ、変態、最低」

    泣きそうになる陽子に欲情してしまう雄介。

    「なんだよ俺も好きでやってるわけじゃないんだよ。
    お前の為なんだよ!
    そんなに泣くなら今はいてるパンツも匂い嗅ぐぞ」

    【【近親相姦】妹の下着に手を伸ばした代償はあまりにも痛かった】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2021/08/17(火) 12:37:32.28 ID:tI7Z0EuQ0
    【【画像】声優の日高里菜さん27歳、エロかわいい】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/08/17(火) 13:24:46.670 ID:QBz9cNH+0
    ユーフォリアと沙耶の唄はやった

    【雰囲気最強のエロゲ教えてくれ】の続きを読む

    このページのトップヘ